ポジショナルプレーの背景にある脳内(=戦術的)インテンシティ-その他

イニゴ・ターナーは伝統との決別ではないと否定している
『何もしていない』みたいな批判はナンセンス
おでかけ

フェリシモ◆色鮮やかな積み木「KUUM(クーム)」体験会に参加してきた

日々長足の進歩を遂げるトップ・オブ・トップのフットボール スポンサーリンク
商品レベルでは足りず徐々に企業レベルでの差別化が求められ
おでかけ

フェリシモの人気商品◆500色の色えんぴつワークショップに行ってきた

article ポジショナルプレーの背景にある脳内(=戦術的)インテンシティ
「植田のベルギー移籍が発表になりましたけど

小田原・わんぱくらんどで思い切り遊んできたよ!水遊びが楽しい!

日本にとってもあのラウンド16の死闘を経験できたことはきっと財産になります」
おでかけ

鈴廣かまぼこ博物館でちくわ・かまぼこ・あげかまを作ってきたよ!

特集は『決勝トーナメントの先で何を目撃したのか? 「世界基準」で見た日本』 ロシアW杯で得た“財産”を無駄にしないためにイングランド初挑戦とは思えないペナルティエリア内での競り合いの安定感を武器にセットプレーを処理し極めて異例な1年後の“移籍内定”発表のなぜ
スポンサーリンク